マイナスエネルギーの話

祝由師として人とお会いする時に重点を置いてお話しすることの一つに、今後自分一人で如何にマイナスエネルギーを処理していくかという話があります。

マイナスを全て消してしまえばこの世界が楽園になると教えている指導者も散見しますが、この世界は相対する世界ですから光(プラス)があれば必ず影(マイナス)もあるのです。そのマイナスが実体を持つ前に処理できれば悪いことは起こらず、処理できないと様々な形となって現れるのです。もちろんプラスが実体を持てれば良いことが起こります。

マイナスもプラスも目に見えるものではないので、悪いことをするな、悪い考えを持つな、悪い仲間とつるむなと昔から言われているのはマイナスが現実化するのを避ける為なのです。

テレビなどの影響で、人に対して毒舌を振るうのも今や当たり前のような感じになってしまいましたが、言った人、聞いた人のエネルギーは一瞬で悪く変化します。その言葉に悪意があるか無いかなど関係無いのです。あなたが友達に対して冗談で言ったことだとしても真に毒になっているのです。

しかし、マイナスがあるからこそ人は学び考え進化してきたとも言えます。全ての憂い(マイナス)が無ければ、道具によって空を飛ぶことも多くの発明が世に出ることも無かったでしょう。つまり、マイナスが無くなるということは成長する機会が無くなるということです。

そうはいっても身に降りかかるマイナスは出来るだけ減らしたいと思われる方は多いのではないでしょうか。マイナスの状態になったりマイナスの出来事を忘れたくても忘れられないという場合でも、発生したマイナスエネルギーを処理することで、その後に受けるダメージを軽減することが出来たり、プラスに変換することが出来たりします。そしてマイナスを処理出来たとしても、それから先、如何ににマイナスを出さない増やさない生活を心がけるのかが重要となります。

マイナスを出さない増やさない生活をする為に注意するのは以下の4つです。

  1. 出来事のマイナスを消す技を祝由師から相伝してもらう
  2. 付き合う人を選ぶ
  3. 普段から自分の言動に気をつける
  4. 住む場所や働く環境ををかえる

上記の説明です。

  1. 祝由師から直接教えてもらうことで力を発揮する簡単即効な技がありますが、全ての方に相伝するわけではありません。
  2. 毒舌な人や愚痴ばかり言う人、自己顕示欲が強い人からは離れ、自分を高めてくれる人を探しましょう。
  3. 自分自身が相手を高めてあげられる存在になりましょう。世界が助けてくれるようになります。
  4. まずは片付け(断捨離)や掃除をして自分の周りを整えましょう。近所や職場にマイナスがあって状況的にどうにもならないなら、きっぱり離れた方が良いです。

2と3、4の片付け(断捨離)・掃除は直ぐにでも始められると思います。引っ越しや転職はなかなか難しいかもしれませんが、あなたの中心に居るべき存在は、会社や家、ましては他人ではなく、あなた自身であるべきということを忘れない様にしてください。

もしも、あなたに大切な家族や友人が居るなら、そっと寄り添って力になってあげられる存在になればいいのです。
人生に即断即決が必要なシーンなどほとんどありません。周りを整え自分自身を整えて、何が本当に大切なのかを見誤らないよう一人静かに考える時間を作りましょう。

このブログを開いた方が今どんな状況だろうと、幸せになれますよう画像や文章にエネルギーを封入してあります。
楽しんでいろいろチャレンジしてくださいね。

祝由師へのご相談はお気軽にどうぞ。

パワーデザイナー ヤスダ ヒサオ

投稿者: パワーデザイナー ヤスダ ヒサオ

パワーデザイナー、祝由師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です