マイナスエネルギーの話

祝由師として人とお会いする時に重点を置いてお話しすることの一つに、今後自分一人で如何にマイナスエネルギーを消していくかという話があります。

マイナスを全て消してしまえばこの世界が楽園になると教えている指導者も散見しますが、この世界は相対する世界ですから光(プラス)があれば必ず影(マイナス)もあるのです。そのマイナスが実体を持つ前に処理できれば悪いことは起こらず、処理できないと様々な形となり現れるのです。もちろんプラスが実体を持てれば良いことが起こります。

マイナスもプラスも目に見えるものではないので、悪いことをするな、悪い考えを持つな、悪い仲間とつるむなと昔から言われているのはマイナスが現実化するのを避ける知恵なのです。
“マイナスエネルギーの話” の続きを読む

パワーデザインの力が失われる時

誰でも不思議な力を体感していただけるパワーデザインですが、その力を失う場合があります。

パワーデザインの力が失われる時、それは、利用者が人を欺いた時です。

そんなに事が重大でない場合は、一時的な停止状態になりますので自分自身を見つめ直して悔い改めていただければ元の力に回復します。自ら悪の道に進んでしまい人を傷つけた場合は、おそらくそのパワーデザイン制作物は永遠に力を失うことになるでしょう。

年齢も性別も身分も関係なく、今置かれている状況がどうであろうと、人を欺かず、真っすぐ生きることが重要なのです。

ロゴを変更すべき時

某有名企業によるブランドロゴ変更のニュースがありました。この企業、今年になってから2回目の変更発表となり、実は2年連続でロゴを変更しています。

ロゴは会社やブランドを表す大切なものなので、社名やブランド名と同じで頻繁に変えて良いものではありません。例え気に入らなくても社内外の人に「また変えたのか」と思わせるような頻度で変更しては駄目なのです。

では、ロゴを変更すべき時(ロゴの寿命?)はいつでしょう。

1.パワーデザインを知ってしまった
 まずは力を体験してください。
2.業種業態を変更する
 前のイメージを引きずらない為にもガラリと変更しましょう。
3.ロゴ(ブランド)の重要性に気づいた
 出来合いのものをネットで購入してしまったり、軽い気持ちで作ってしまった場合。
4.ロゴが卑猥なものに見える
 大至急変更しましょう。
5.流用(パクリデザイン)していた
 大至急変更しましょう。
6.使用しているロゴが古臭く感じた
 制作側が創作する流行に乗るとこうなります。

ロゴは頻繁に変えるものではありませんので、ロゴが出来上がっても後悔しないように焦らずじっくり吟味してください。もちろん見た目だけでなくパワーがあるのかどうかという最重要ポイントもお忘れなく。

パワーデザインのご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ。