パワーの無いロゴや理念

パワーデザインのパワーを説明をする際、悪い例として、実際にパワーの無いロゴや理念を使っている有名企業のお話をする場合があります。ちょうどその企業のいくつかがニュースになっていましたので、今回はパワーの無いロゴや理念がもたらすマイナスについて軽く書こうと思います。

ひし形が有名な企業グループ、国有企業から民間企業となった鉄道会社、倒産から復活した航空会社など多くの企業が、パワーが無いどころか業績や経営の足を引っ張るロゴや理念を使い続けて問題を起こしています。

そこで働く多くの人々は真面目で優秀なのでしょうが、肝心なところが欠けているので次から次へ問題が起こり、ともすれば立ち行かなくなってしまうのです。 “パワーの無いロゴや理念” の続きを読む

マイナスエネルギーの話

祝由師として人とお会いする時に重点を置いてお話しすることの一つに、今後自分一人で如何にマイナスエネルギーを処理していくかという話があります。

マイナスを全て消してしまえばこの世界が楽園になると教えている指導者も散見しますが、この世界は相対する世界ですから光(プラス)があれば必ず影(マイナス)もあるのです。そのマイナスが実体を持つ前に処理できれば悪いことは起こらず、処理できないと様々な形となって現れるのです。もちろんプラスが実体を持てれば良いことが起こります。

マイナスもプラスも目に見えるものではないので、悪いことをするな、悪い考えを持つな、悪い仲間とつるむなと昔から言われているのはマイナスが現実化するのを避ける為なのです。
“マイナスエネルギーの話” の続きを読む

パワーデザインの力が失われる時

誰でも不思議な力を体感していただけるパワーデザインですが、その力を失う場合があります。

パワーデザインの力が失われる時、それは、利用者が人を欺いた時です。

そんなに事が重大でない場合は、一時的な停止状態になりますので自分自身を見つめ直して悔い改めていただければ元の力に回復します。自ら悪の道に進んでしまい人を傷つけた場合は、おそらくそのパワーデザイン制作物は永遠に力を失うことになるでしょう。

年齢も性別も身分も関係なく、今置かれている状況がどうであろうと、人を欺かず、真っすぐ生きることが重要なのです。