パワーデザインは成功の鍵

パワーデザインとは、祝由師パワーデザイナーによって会社や仕事の力になるように制作される不思議なパワーを持ったデザインです。デザインにパワーが出るよう調整する作業などもパワーデザインと言います。

ノーマルデザインパワーデザイン

これまでのデザインでは、パワーやスピード、美しさなどを色や形で表現して企業ロゴやブランドロゴなどが制作されてきました。

パワーデザインは、色や形と共に会社やブランドを支える不思議なパワーを持つように祝由師のパワーデザイナーによって制作されています。

祝由師のパワーデザインでは、会社の理念やロゴなどをパワーデザインし、祝由の力と不思議な力を使って、あなたの事業が人々から愛され発展していくようサポートしていきます。

パワーデザインで成功する理念を創る

理念とは何か
強い会社には理念がある
理念をパワーデザイン

世界的な企業であるGoogleの理念は、Mission(使命)「to organize the world's information and make it universally accessible and usefull.(世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにする)」と「Googleが掲げる10の事実」で表わされています。

Googleが世界的な企業になれた理由は、この理念に集約されています。理念は企業の存在理由を表しており、Googleはこの理念に賛同する従業員や顧客を増やすことでシェアを拡大していきました。Googleの技術やサービスの根底には理念があり、この理念を背骨にして力強く成長したのです。

理念の無い企業は存在理由が無いに等しく、力のある理念にはGoogleのように役員を含む全従業員が心に留めて実践していくルール(指針)と「何故その仕事をするのか」という使命が含まれています。

理念は強い企業になる為の重要な要素ですが、ただ綺麗な言葉を並べて文章を整えただけでは全く意味がありません。仕事や会社に合った力のある理念をパワーデザインする必要があり、その理念に沿った経営を徹底することで会社や組織は強くなるのです。

パワーデザインでパワーロゴとパワー名刺になる

ロゴは会社やブランドを表わす
業績に影を落とすパワーが無いロゴ
ロゴや名刺をパワーデザイン

ロゴは会社やブランドを表わすシンボルですが、実は会社やブランドそのものを表しており、パワーの無いロゴを使用している会社やブランドは実際にパワーが無く、そのまま業績や社内で起こる出来事などに反映されます。

上記の理念で例に挙げたGoogleのロゴは、残念ながらパワーロゴではありません。検索だけでなく便利なアプリケーションなどで人々を魅了してきたGoogleですが、世界中で問題になっているのはご存知の通りです。Googleの様な巨大企業でさえ負の面からは逃れられないのです。

度重なる日本企業の不正や不祥事なども、全くパワーの無い形だけのロゴや理念が顕在化しているのです。長年に渡って表面上だけの浅いマーケティングやブランディングに終始してきたことが結果となって現れていると言えるでしょう。

パワーデザインによるパワーロゴやパワー名刺は、ただ「色や形で力強く見せてパワーを表現しました」というものではありません。会社やブランドを支える不思議な力が宿るようにデザインされているのがパワーデザインなのです。

パワーデザインは究極の戦略

マーケティングを駆使し利益を増やすことばかりが重要視され、世界中の経営者や指導者が失敗する罠にはまっています。全てにおいてパワーデザインを重視し取り入れていくことで今まで見えなかったものが見え、分からなかったことが分かるようになります。

パワーデザインは、理念やロゴ・名刺だけでなく、WebサイトやSNSで使われる文章や画像などにもパワーを持たせることができます。このサイトの文章や画像も祝由師のパワーデザイナーの能力で全てプラスになるよう制作されています。